名古屋名物の人気料理を還元水が引き立てる

電解水活用の現場報告 2022.02

愛知県名古屋市

和洋居酒屋

繫盛家

愛知県名古屋市

スナック M

住 所:愛知県名古屋市千種区池下1-8-18仲田ビル1F

電 話:090-9121-4968

定 休 日:毎週水・木曜日

営業時間:午後5時~11時

志摩重機(しげき)さん、喜江(よしえ)さん夫妻は 2018年12月に名古屋市千種区今池の「人情屋台」内で繁盛家を立ち上げ、10カ月後に現在の場所に 移転した。

二人は揃って会社員だったから「脱サラ」しての開店で、「さぞ思い切った決断だったのでは」と聞くと、 夫の重機さんは元々食品関係の会社に勤務し、料理が得意だったため、それを生かす道を、という思いが強かったという。

そうは言っても、開店1年後に始まった新型コロナウイルスの感染拡大は、飲食店にとってとくに強烈な打撃となり、繁盛家も時短・休業要請等に従うなど、苦しい時期を過ごすことになった。

何とかしのいで、非常事態解除後に通常の営業スタイルに戻ったが、今度はオミクロン株が襲ってきた。喜江さんは「頑張るしかない!」と覚悟を決めた様子だ。店の自慢は何といっても“和洋”と銘打った各種料理だが、中でも、①名古屋名物の牛すじやモツを味噌で煮込んだ土手煮(税込み550円)、②牛すじ煮(同700円)、③串かつ(同200円)が人気ベスト3という。

これらの料理をいっそう引き立てているのが、還元水である。2020年10月に導入したレベラックが 作り出す還元水は、調理全般にフル活用している。肉、野菜、魚などの食材すべてを還元水で洗い、さらに昆布とカツオのダシ取り、炊飯、スープ、チェイサー、アルコールを割る水などにも使っている。

喜江さんは「安全面でも味の面でも良い効果が出ている」と言って、こう付け加えた。「還元水で割って飲むお酒だと二日酔いしないとお客さんに言われた」と。販売酒量はさぞ増えたのでは?

コロナ禍で重要性を再認識した衛生面では、強酸性電解水によってテーブル、ドアノブ等を徹底的に清掃している。志摩さん夫妻にとって、電解水は「料理と抗菌の友」なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA